膝の痛み〜ある日の施術より〜

20代女性。小さい頃から、右の膝が痛い。原因は分からず。調子のいいときとそうでないときの波がある。

膝が痛いという場合には、まず腰(腰椎・骨盤)のバランスを整えることが鉄則です。膝を動かす神経は腰部に始まるからです。その流れを整えなければなりません。

膝の観察ポイントは、膝のお皿(膝蓋骨〜しつがいこつ〜)を中心として、膝の内、外、上、下、あるいは膝の中(膝のお皿をはずしたとして、その下)などで、それぞれによって腰部のどこからの神経なのか、目安にします。

この方の場合は、膝の中が痛いとのことでした。左右の膝を比べてみると、右の膝全体、特にももに近い側がキュッと締まったように硬く感じられます。

このようなときには、腰というよりもお尻にある骨盤の関節(腸骨と仙骨をつなぐ仙腸関節)に硬さのあることが多いです。観させていただくと、やはり右の仙腸関節上部が硬く、動きが少ないです。

全体の姿勢としては左右型のF4(フォーム4)でしたので、その施術の中に仙腸関節の調整も加えると、さきほど硬かった膝の手触りは左右とも同じになりました。

フォーム4は右足に体重が乗りやすい体型といえ、右肩が下がり、右腰や右膝、足首などに負担もかかりやすく、そこへ何か別の要素が加われば、いつも負担のかかっている右側のどこかの部位に出やすいのです。

別の要素とは、例えば長年の食べ過ぎや、お酒の飲み過ぎ習慣etc.のこと。40代男性で、病院では右膝「偽痛風」との診断を受け、来院された方もF4でした。

バランスの偏りから本格的な病気への一線を越えるとき、いつもいちばん負担をかけている部分(こちらの男性であれば、左膝ではなく、やはり右膝)にくることが多いようです。

バランスの偏りを普段から整えておく意味のひとつが、このような面からも見えてきます。

※「フォーム4」については、こちらも参考になさって下さいね。快風院 症状別体型研究『12種体型』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

『肝整.net』

(2007年3月11日)


快風院『症状別 体型日記 』2007トップページ

快風院『症状別 体型日記 』2007トップページ快風院『症状別 体型日記 』2007トップページ

肝臓整体『肝整』の快風身体均整院

肝臓整体『肝整』の快風身体均整院HOME

 

お問い合わせ・ご予約は03-6904-3020までお気軽に。

営業時間は午後8時までですが、翌日以降分のご予約電話受付は夜の10時までっておりますので、今すぐどうぞ。

メールでのお問い合わせ・ご予約も簡単にできますので、こちらをクリックしてくださいね。

 
サイトメニュー
病院で分かること 院長略歴・院の様子 日記
整体で分かること 料金・営業日・ご予約 掲示板
均整法でできること 交通・アクセス 取材・広報
現代人の歪みのしくみ・整え方 リンク集 快風身体均整院 HOME
『肝整』™について 日々の施術例(ブログ形式)  
そもそも「整体」って? 症状別 に現れやすい体型研究  
 
快風院関連サイト
 
 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋4-21-17 メゾン東都101 快風身体均整院
身体均整師 田川直樹
(一般社団法人身体均整師会会員,東京支部副支部長)
電話:03-6904-3020  FAX:03-6904-3021
Copyright (c) 2001〜2012, 肝臓整体『肝整』™の快風身体均整院 All rights reserved.