階段を下りる際の膝痛〜ある日の施術より〜

30代女性。階段を下りるときに左膝下が痛む。上るときには痛くない。

立った姿勢で左右に身体を捻っていただくと、左に捻りやすくなっています。

その場で試していただけると分かりますが、両膝の感覚に注目しつつ身体を左に捻り続けると、左膝は外側、右膝は内側が突っ張ってきます。

ここまで極端ではありませんが、普段の姿勢や動きの中でも、ごくわずかながら同じ状況である人は多いのです。

両膝にこのようなごく軽い捻れが続くと、長い時間のうちには、左膝は外側、右膝は内側を痛める可能性が高くなります。

また、左足を軸にして左に捻る人もいれば、右足軸だったり、割合均等に捻る人も。

左捻れでは、多くは左足に体重がかかりやすいので、左膝に負担がかかりやすくなります。 膝の下が痛むのはなぜでしょう?階段を下りる動作がポイントです。

下りる勢いに任せて、膝が必要以上に前に出てしまうと、膝下に体重がかかり過ぎ、痛める原因になります。

今回の女性の場合、普段の歩く動作でも膝が前に出やすく、その積み重ねにより少しずつ負担がかかり、階段のように、より体重がかかってしまう場面が辛くなったのでしょう。

以上をまとめると、全体的な左捻れにより左足、左膝外側に体重がかかりやすい姿勢のまま、歩く際には膝が前に出すぎることで、左膝下を使い過ぎたのでは?と、たどっていくことができます。

施術としては、まずはF6(フォーム6。左回旋型)調整により、左足ばかりに体重がかからないようにします。

あとは膝が前に出すぎないようにすることですが、こちらは少々ご本人の努力が必要なことが多いです。

『身体均整法学園』東京校・大阪校・札幌校

『各地の身体均整院』

『取材・広報』

要は適度な運動が必要なのです。ただし「できるだけ歩いて下さいね」では、うまくいくこともあれば、そうでないことも。

例えばアドバイスに沿ってウォーキングやジョギングを始めたときに、これまでうまく使えていなかったもも裏の筋肉(ハムストリングス)を始め、本来使われるべき筋肉群が刺激されるか、これまでと同じく、自己流で使い過ぎていた部分ばかりをさらに使ってしまうか。

前者であれば膝が前に出ないようになったり、腰の反りがゆるやかになったりして、腰痛や膝痛から自然に解放されるでしょう。

しかし、多くの場合は後者なのです。もともと使い過ぎていた部分をさらに酷使して痛め、再び運動から遠ざかるきっかけに。

その流れはとても残念ですので、まずは使えていない筋肉を特定して個別に刺激を与え、それを日常の歩きなど、動作に活かしていくことが理想です。

いろいろな要素が絡み合うため、本来やるべきことはたくさんあります。

スポーツトレーナーであり「歩き方講座(動きの達人スクール)」「体玄塾」主宰、志水博彦先生の講座で学んだ理論とトレーニング方法を、施術後のアドバイスに活かさせていただいています。

今回の女性には、まずはハムストリングスに刺激を与える方法をお伝えし、膝を後ろから安定させることを提案させていただきました。

※志水博彦先生のブログ「ウォーキングウォッチ」

※F6など、12種体型については、こちらもどうぞご参考に。快風院症状別体型紹介ページ『12種体型』

『全国均整院検索エンジン』

肝整™の『快風身体均整院』HOME

『肝臓と整体の情報館』

胃腸・肝腎etc.内臓からの歪み整体院『肝整.net』

骨盤と整体の情報館

(2010年5月8日)


快風院『症状別 体型日記 』2009トップページ

肝臓整体『肝整』の快風身体均整院

肝臓整体『肝整』の快風身体均整院HOME

 

お問い合わせ・ご予約は03-6904-3020までお気軽に。

営業時間は午後8時までですが、翌日以降分のご予約電話受付は夜の10時までっておりますので、今すぐどうぞ。

メールでのお問い合わせ・ご予約も簡単にできますので、こちらをクリックしてくださいね。

 
サイトメニュー
病院で分かること 院長略歴・院の様子 日記
整体で分かること 料金・営業日・ご予約 掲示板
均整法でできること 交通・アクセス 取材・広報
現代人の歪みのしくみ・整え方 リンク集 快風身体均整院 HOME
『肝整』™について 日々の施術例(ブログ形式)  
そもそも「整体」って? 症状別 に現れやすい体型研究  
 
快風院関連サイト
 
 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋4-21-17 メゾン東都101 快風身体均整院
身体均整師 田川直樹
(一般社団法人身体均整師会会員,東京支部副支部長)
電話:03-6904-3020  FAX:03-6904-3021
Copyright (c) 2001〜2012, 肝臓整体『肝整』™の快風身体均整院 All rights reserved.