院長略歴・院の様子

田川直樹

 

身体均整師 田川直樹

略歴:昭和44年(1969年) 1月20日三重県生まれ。伊勢と松阪の間の町。水瓶座でA型。中学時代は陸上部所属。様々な整体との出会いもこの頃から。

昭和59年(1984年) 陸上自衛隊少年工科学校入学。部活で始めた(というより、プロレスラーになりたくて始めた)レスリングのおもしろさに取りつかれる。「全国優勝できたら、プロレスの道に進んでもよい」という父との約束を果 たし、プロレスの道へ。

昭和63年(1988年) ところが入門規定の身長に足りずプロレスを断念。しかしその思い絶ちがたく、プロ格闘家を目指し上京。佐山聡氏(初代タイガーマスク)のジムに入門。並行してサンボも練習開始。
平成6年(1994年) プロ格闘家としての活動に区切りをつけ、青年海外協力隊員として、中国河南省開封市(院名の‘快風’はここから付けました)でレスリング指導。

2017年現在、一般社団法人「身体均整師会」理事・東京支部長、「身体均整法学園講師(「自他動操縦法」「救急操縦法」担当)を務めています。

現在「身体均整師会」理事・東京支部長、「身体均整法学園講師(「自他動操縦法」「救急操縦法」担当)を務めています。

これまでの格闘技歴で、人に触れ慣れていたことが大いに役立つ。相手を「やっつける」から「癒す」へ。

プロレスラー志望だったぐらいですから、自分が何かで主役になりたくてしかたがありませんでした。これからは、縁あって来て下さるお客様一人一人が、ご自身の人生の主役になれるようにお手伝いさせていただきたいと思っています。
 

『2003年健康博覧会』均整法デモンストレーション

『2004年健康博覧会』

快風院の中はこんな感じです。

 

『2005年健康博覧会』

成16年(2004年) 新潟中越地震ボランティアに均整師として参加。(写真はそのときの避難所での様子です。)

2005年6月『すまいる中野祭り』にて、均整法を活かした健康法を講義中。

2002年と2003年、母校にて助講師として勤務しました。2007年からは講師(「自他動操縦法」「救急操縦法」担当)を務めています。

 

2004年11月『台東区みんなのひろば祭り』屋外での均整法体験コーナー。

2005年10月『横浜国際フェスタ』均整法デモンストレーション

2005年9月『新潟中越地震ボランティア』第2回目に参加しました。

2005年10月『横浜国際フェスタ』に参加した均整倶楽部(均整師会東京支部の有志で結成したボランティアの会です)の面 々。

2005年11月『台東区みんなのひろば祭り』均整法体験コーナー

2005年11月『台東区みんなのひろば祭り』に参加した均整倶楽部 。