そもそも「整体」って何?

先のページで医学と整体について書いてきましたが、そもそも整体とは何なのでしょうか?「背骨をまっすぐにする」「歪みを整える」ぐらいのイメージだったのに、ずいぶんといろいろなことができるんだな、と思われた方も多いかもしれません。逆に、整体ってもっと神秘的な(又は怪しい)ものかと思っていたけど、割と地味なんだな、と感じた方もいるのではないでしょうか。
整体そのものを説明する前に、もう少し整体のポジションをお話しさせてください。医学と整体の担当を「ケガ」と「病気」に大きく分けて見てみます。
骨折など大ケガは、まず病院で手当を受けます。そのケガが治った後、そのケガによって体内に残っているショックを取り除いたり、受傷部位 を中心とした全体のバランスの歪みを整え、原因不明の不調(偏頭痛、肩こり、生理痛、便秘等)のもとを解消するのが整体の役目です。また、普段からの定期的な施術により、捻挫などのケガをしにくいバランスを保つこともできます。
病気であれば、心筋梗塞、虫垂炎など急性のもので、命に関わり急を要するものはまず病院での治療が最優先です。整体は病気になる前に、そのような病気になりやすい体質だということを察知して(例えばこの例であれば心臓が疲れやすい体質、腸に負担がかかりやすい体質というように)、そうならないような体のバランスに整えていきます。
体をかたち作っている各部分(腰や肩、首、耳、目、胃、肝臓その他の器官そのもの)同士が、偏った生活習慣などによりバランスを崩すと、それらのうちのどれか一部に負担がかかり続けて痛みや不調の土台になります。この時点では痛みや不調はあったとしても病気ではない状態、単にそこが働きを抑え込まれているか、逆に働き過ぎて疲れている状態です。その疲れが長い間続くと、ついには負担がかかっていた部分そのものが本格的な病気になっていきますから、その前に全身から眺めたお互いのバランスを取り直し、一部分だけにかかっていた負担を解放してあげれば、病気を未然に防ぐことができます。
また不幸にして病気にかかってしまっても病院での治療により回復したならば、再び同じことを繰り返さないような体質(負担のかかりやすい部分に再び負担がかからない体質)に向けてバランスを整えていくことができます。要するにケガでも病気でも、その前後で起こる不調に整体の役目があるのです。
さて、その「整体」ですが、広辞苑第五版によると「手技によって骨格のゆがみや異常を整え、健康増進をはかる民間療法。オステオパシー・カイロプラクチックの類。」とあります。ここから分かりますように、「整体」とは「体を整える」目的を持つ様々な療法の総称ということができます。しかし、他に「整骨」「接骨」など似たような言葉があるため、紛らわしく感じることがあります。
ちなみに「整骨」は広辞苑では「ほねつぎ。接骨。」となっており、「整骨」と「接骨」は同義語だと言えます。これらは「くじいたり折れたりした骨をつぎあわすこと」が仕事で、一方「整体」は「骨折や捻挫などの怪我がなく、医学的には異常がない身体のバランスを整えること」が仕事になります。
「整骨」の場合、「カイロプラクティック(以下‘カイロ’)」の日本語訳のようなイメージも受けますが、それはカイロが「骨格を矯正する」というイメージが強いからだと思われます。
確かにカイロでは骨格を矯正することが多いですが、実はカイロの目的は骨格の矯正ではなく「神経の働きの回復」にあり、骨格矯正はその手段のひとつなのです。たまたま脊柱などの歪みが神経を圧迫している時にはもちろん骨格矯正をしますが、例えば骨格のバランスには異常がなくても、その周囲の筋肉が硬くなることで神経の働きに障害が出ているのであれば、カイロであっても筋肉調整をすることになりますから、「骨格矯正=カイロ」ではなく「手技による神経の働きの回復=カイロ」とした方がより正確です。

話が少し逸れましたが、「整体=体を整える目的を持つ様々な療法の総称」であり、その中に「カイロプラクティック」「オステオパシー」「関節運動学的アプローチ(AKA)」「アプライド・キネシオロジー(AK)」「PNF(固有受容性神経筋促通 法)」「中国整体(気功・推拿など)」「十字式健康法」「仙骨瞬間無痛良法(MRT良法)」「横山式筋二点療法(横山式二点療法)」「野口整体」「井本整体」「磯谷式力学療法」「リフレクソロジー(反射区療法)」「スポンディロテラピー(スポンデロテラピー/脊髄反射療法 )」「操体法」「血液循環療法」「身体均整法」etc.もっと広くとらえれば「鍼灸」「指圧」「按摩」「マッサージ」「アロマテラピー」などが含まれる、と考えていただければよいかと思います。

では、それらの中からどれを選べばいいのでしょうか?整体と名乗るものであれば、何を受けてもいいのでしょうか?目安は、その痛みや不調と全身の歪みがどのように連動しているのかをきちんと納得のいくかたちで説明してくれるかどうかということです。それができる整体のひとつとしての「身体均整法」に私自身惚れ込み、今の道に進んでまいりました。
均整法に興味を持たれた方で東京以外にお住まいの方々にも、できる限りお近くの均整院をご紹介したいと思いますので、私の所属する身体均整師会の「均整院検索」をご利用いただくか、直接私宛にお電話かメールにてお問い合わせ下さい。均整以外で「こういう整体はどうか?」というようなご質問も歓迎致します。
私には、均整師としての仕事に就く前、学生時代から今も続けているレスリングで体のどこかを痛めるたびに様々な整体を巡り、失敗した経験、感動した経験(その感動のいちばん大きかったのが「均整」だったおかげで今の自分があるわけですが、その話はまた別 の機会に。)が数多くあります。それと同じ苦労を、今このサイトを見て下さっているあなたのような、ご自身に合った整体をお探し中の方にさせなくて済むようにしようというのが当サイトを立ち上げた動機のひとつでもありますので、経験も踏まえて私の分かる範囲でアドバイスさせていただきます。
その際、現在の症状以外に便通や血圧など体調で気のついたことや、過去の症歴、受傷歴、手術歴なども教えて下さると、食事や生活習慣など、整体に通 わなくても改善に向かう方法をアドバイスできるかもしれませんので、思い出せる範囲でお知らせ下さい。

『肝整』™について

院長略歴・院の様子

 

お問い合わせ・ご予約は03-6904-3020までお気軽に。

営業時間は午後8時までですが、翌日以降分のご予約電話受付は夜の10時までっておりますので、今すぐどうぞ。

メールでのお問い合わせ・ご予約も簡単にできますので、こちらをクリックしてくださいね。

 
サイトメニュー
病院で分かること 院長略歴・院の様子 日記
整体で分かること 料金・営業日・ご予約 掲示板
均整法でできること 交通・アクセス 取材・広報
現代人の歪みのしくみ・整え方 リンク集 快風身体均整院 HOME
『肝整』™について 日々の施術例(ブログ形式)  
そもそも「整体」って? 症状別 に現れやすい体型研究  
 
快風院関連サイト
 
 
〒171-0021 東京都豊島区西池袋4-21-17 メゾン東都101 快風身体均整院
身体均整師 田川直樹
(一般社団法人身体均整師会会員,東京支部副支部長)
電話:03-6904-3020  FAX:03-6904-3021
Copyright (c) 2001〜2012, 肝臓整体『肝整』™の快風身体均整院 All rights reserved.